やわらかな午後に遅い朝食を
単なる戯言とかブログの舞台裏とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


WBCの話

侍ジャパン、二連覇おめでとう!
そして、感動をありがとう!!

良くも悪くもイチローのためのWBCだったなーと思います。
大会中、ずっと不振に悩み続けたイチローが最後の最後に決勝打を放った。
ドラマチックすぎるでしょーが!!
不振を帳消しにするどころか、その一打で全てがひっくり返りましたよね。
ホント、野球の神様がついてますよ・・・。

イチローが決勝打を放った、あのシーン。
岩村が盗塁してランナー2・3累。
セオリー通りにいけば、「歩かせてもかまわない」「ボール球を振ってくれたら儲けもん」という風にバッテリーは考えるはずでした。
まー、次にタイムリーを放っている中島がいたというのを考慮しても、この日、すでに三安打しているイチローと真っ向勝負は避けるのは当然の選択肢だったと思います。
しかし、韓国バッテリーは迷わず勝負に行きました。

その理由は、きっとイチローに対する韓国の異常なまでの敵視にあったのではないでしょうか?
暗殺Tシャツやあの打席中のブーイング。
韓国にとって、イチローは倒すべき敵なんです。
その敵を前にして、勝負を避けるという「逃げ」の選択肢は絶対に許されなかった・・・。
そういうドラマもあの打席にはあったのかもなーと妄想してみたり。

まー、他にもいろいろと語りたいこともありますが割愛します。
とにかく、侍ジャパンおめでとう。そしてありがとう!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。